石鹸シャンプーの長所と短所

  • シャンプーを変えて育毛ケアを行う時

    • 市販のシャンプーは洗浄力を高くして作っており、髪そのものを綺麗にする働きがありますが、刺激が強いという側面もあり、頭皮が弱っていたり、頭皮に汚れがこびりついている時には、スカルプシャンプーのような頭皮環境改善のものを使った方が良いです。
      スカルプシャンプーは頭皮の汚れをとり除きながらも、頭皮を保護する為に必要な皮脂を残してくれる働きがあり、肌に優しい成分で作られていますから、頭皮を優しく環境改善させる効果があります。
      頭皮は毛髪を育てる土台でもありますから、この部分が弱ってしまうと健康的な毛髪を育てる事は難しいですし、育毛シャンプーの役割としては頭皮の洗浄や抜け毛防止効果を通して、育毛しやすい環境作りを行えます。

      薄毛や抜け毛症状が出てきて困った時には、シャンプー変更によって改善出来る可能性があり、男性ホルモンが原因となる抜け毛の場合は生え際の後退や頭頂部ハゲ等の特徴を見せますから、こうした症状の場合は内服型の薬を利用した治療を行っていくと良いでしょう。


      頭皮環境が良くない状態で洗浄力の高い市販の商品を使い続けると、頭皮へのダメージが蓄積されていくリスクもありますし、頭皮環境を悪化させて抜け毛促進する事もあります。

      そういった症状にならないように、適した商品を活用して毛髪を育てる環境を作っていく事が望ましく、栄養分が毛髪に届きやすい状態を作る為に頭皮を健康的にする事は、毛髪を育てるには必要な事です。使用方法についてあまり知られていないことは、シャンプーは髪を洗うものと思われていますが、それはほぼ間違った思想です。


      まず、特別な髪への汚れがない限りは、主に頭皮の汚れを落とすものです。

      その洗浄力は通常のボディソープなどに比べてはるかに高く、頭皮の落ちにくい余分な皮脂や汚れを落とし、健やかな頭皮を保つことこそが健康な髪を形成するわけで、そのために作られているということを知らなければなりません。そのため、余談ですが足のニオイ消しとしてシャンプーを使うと良い、効果的だということも一部で知られています。その前に、大方の人は髪を濡らすと思いますが、その工程でぬるめのお湯で髪を流しながら手グシですいていくと、もうその時点で八割方の汚れは落ちているようです。そしてあとは頭皮を清潔にするという目的のためにシャンプーをよく手で泡立ててから頭皮マッサージをしながら頭皮全体に進めていきます。

      そして工程でなによりも大事なことは、すすぎです。少しでも頭皮に残った状態になっていると、頭皮のかゆみやかぶれなど、肌のトラブルが発生してしまいます。
      すすぎは、すすぎ過ぎかもしれない、と思うぐらいでちょうどいいのです。
      ですからシャンプーの使用感で大事なことは、シャンプーの後ヌメヌメ感が残っていたり、香りが好きではないという根底の好みはもちろん、逆に汚れが落ちすぎたために残る髪のキシキシ感、頭皮のツッパリ感など、そういった不快感を感じないということが一番大事だと思います。それが健やかな髪を作る第一ではないでしょうか。

















  • 関連リンク

    • きれいな髪の毛を育てる為に、シャンプーをするときも少し気を使いたいですよね。シャンプーをする前に、まずブラシで髪をとかして髪の絡まりをときましょう。...

    • 最近、髪や頭皮に優しい無添加のシャンプーが売れています。通常のものと何が違うのかというと無添加は無農薬で化学肥料を使用せず、栽培された植物が原料となっています。...